納豆菌&ナットウキナーゼの情報サイト

サラサラ成分として注目されていますが、ナットウキナーゼは生活習慣病や、腸内環境のケアにも効果的です。

そんな健康にとって心強い酵素ですが、ナットウキナーゼの効果を得るための、推奨摂取量は納豆換算で1~2パックです。毎日これだけの量を食べるのは、なかなか難しいもの。そもそも、納豆が嫌い、苦手という人もいるでしょう。

確実にナットウキナーゼの効果を得たいなら、無理せずサプリに頼るのが現実的です。

ナットウキナーゼサプリの人気ランキング

きなり

ナットウキナーゼと高品質DHA・EPAをW配合

ナットウキナーゼに加え、酸化しづらく吸収率の高いクリルオイルのDHA・EPAを配合したサプリです。健康のために摂りたい2大成分をまとめて摂れ、含有量も十分。

GMP取得工場で製造され、水銀やダイオキシン、放射性物質の影響の無い、安全な原料を厳選するなど、安全面の配慮もバッチリです。

また、特殊製法によって、DHA・EPA特有の魚臭さや、納豆臭も完全にブロックしているので、飲みやすいのも嬉しいポイントです。

ポイント

  • DHA、EPA、アスタキサンチンを豊富に含む高品質クリルオイルを配合
  • 水銀、ダイオキシン、放射能物質の影響のない安全な原料を使用
  • 原料のニオイが気にならない特殊製法
  • 15日間の返金保証あり

コメント

オキアミから抽出されるクリルオイルは、DHAやEPAだけでなく、抗酸化成分のアスタキサンチンも豊富。身体への吸収率が高いなど、非常に魅力的な成分です。しかも1日あたり500mgと、配合量も十分。

健康目的でも、美容目的でも、ナットウキナーゼとの相性は抜群です。リピート率92.3%と、実際に飲んでいる人からの評判も高い、人気のサプリです。

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

3種類のサラサラ成分を配合

ナットウキナーゼを中心に、魚油に含まれるDHAとEPA。タマネギの有用成分で、ドロドロの原因を解消してくれるケルセチンを配合した、小林製薬のサプリです。

DHA・EPAの含有量は多くありませんが、ナットウキナーゼは十分な量が配合されています。

また、普通のタマネギよりもケルセチンの含有量が多い、希少な「さらさらレッド」という品種を使用しています。人気の成分をまとめて摂取できるコスパの良いサプリです。

ポイント

  • 1919年から続く老舗の製薬会社、小林製薬のサプリなので安心感がある
  • DHA、EPAに加え、タマネギのサラサラ成分ケルセチンを配合

コメント

熱さまシートや消臭元、アイボンなど、誰もが知ってる商品を手掛ける小林製薬のナットウキナーゼサプリということで、メーカーへの安心感は文句なし。

相性の良いDHA・EPAの他、サラサラ成分としてケルセチンも配合しているので、血液のドロドロや詰まりが気になる方に、特におすすめです。

納豆博士

ナットウキナーゼだけを摂りたいならコレ

ナットウキナーゼと相性の良い成分を配合しているサプリが多いなか、これはナットウキナーゼだけを純粋に摂取することが出来ます。当然、1日に必要な量は十分配合されています。

また、ナットウキナーゼに通常含まれているビタミンK2を完全に除去。そのため、ワーファリン等の薬との飲みあわせを心配する必要がないのが特徴です。

しかし、他のサプリと比べてコストパフォーマンスは良くありません。どうしても他の成分は摂りたくない。ビタミンK2を摂れない。といった理由が無ければ、他のサプリも検討してみましょう。

ポイント

  • 純粋にナットウキナーゼだけを摂ることができる
  • ビタミンK2を完全に除去している

コメント

ナットウキナーゼサプリの多くは、成分として相性の良いものと組み合わされているものが多いです。そんな中、納豆博士は純粋にナットウキナーゼ単体を摂取できるサプリ。

ワーファリンを服用している人でも飲めるようにと、ビタミンK2を完全に除去しているのが特徴です。

DHCのナットウキナーゼ

大豆イソフラボンもプラス

DHCから販売されているナットウキナーゼのサプリ。大豆イソフラボンも配合されているのが特徴です。女性の美容面への効果も期待できます。

しかし、大豆イソフラボンは1日の摂取量に上限が定められているため、普段の食事で大豆製品を良く食べる人には向きません。普段ほとんど大豆製品を食べない人にオススメです。

えがおの納豆キナーゼ

健康に良い成分を多数凝縮

商品名は納豆キナーゼですが、それ以外にも、タマネギ外皮粉末や魚油のEPA、亜麻仁油、黒酢粉末などを配合しています。

ナットウキナーゼのサプリというよりも、健康に良い成分を総合的に摂れることが魅力です。

色々入っていてお得感はあります。しかし、えがお公式の通販サイトでも、あまり詳細が記載されていないため、品質面は不明です。

納豆菌と乳酸菌の整腸剤

納豆菌と3種類の乳酸菌で、腸内環境を改善していく第3類医薬品「ファスコン整腸錠プラス」。

頻繁に便秘する。お腹が弱く、下痢しやすい。そんな人に、お腹にやさしく効いてくれるのが魅力です。

ランキング上位のサプリ比較

人気ランキング上位のナットウキナーゼサプリを比較してみました。

それぞれ成分の違いがあり、価格も大きく異なります。ご自身に合うものを見つけるために、比べてみて下さい。

商品名 きなり 小林製薬 納豆博士
パッケージ
成分 ナットウキナーゼ ナットウキナーゼ ナットウキナーゼ
DHA・EPA DHA・EPA
クリルオイル さらさらレッド(玉葱)
ビタミンK2 除去なし 除去 除去
独自評価 成分
コスパ
人気度
初回価格 1,980円 1,134円 6,300円
通常価格 6,151円 1,620円 6,300円
定期価格 4,093円 5,670円
1日あたり 137円 54円 189円
返金保証 15日間返金保証
販売会社 さくらフォレスト(株) 小林製薬(株) マルサンヘルスサービス(株)
口コミ

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットは、DHA・EPAとケルセチンを含有する玉ねぎ「さらさらレッド」を配合し、1日あたり約54円と非常にコスパが高いのが魅力です。

きなりは希少なクリルオイルを使用しているのが特徴。DHA・EPAの含有量が多く、抗酸化力の高いアスタキサンチンを含むため、新鮮な状態で摂れるのが魅力です。

ナットウキナーゼの働きについての研究結果

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバした部分に含まれている酵素の1種です。

医薬品成分では無いため、あくまでも健康食品としてサプリから摂取する。もしくは、納豆を食べることで栄養素として摂り入れることになります。

薬のように摂れば確実に効果・効能が期待できるというものではありません。しかし、ナットウキナーゼに関する研究では、様々な働きが確認されています。

血栓への働き・サラサラ成分

ナットウキナーゼを発見した倉敷芸術科学大学の須見洋行教授によると、ナットウキナーゼには血栓を溶かす薬のウロキナーゼに匹敵する成分と言っています。

これまで200以上の食品を調べ、その中でナットウキナーゼ以上に強力なものは無いとのことです。※1

ナットウキナーゼには、血栓の主成分であるフェブリンに直接働きかけるほか、体内の血栓溶解酵素の前駆体プロウロキナーゼ。さらに、血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織t-PA量をサポートする働きがあることが分かっています。※2

このように、直接、間接的に血栓に対して働きかけるのがナットウキナーゼの特徴です。また、ナットウキナーゼは経口摂取で効果があることも確認されています。

※1:http://www.kusa.ac.jp/~sumi/indexj.html

※2:http://j-nattokinase.org/nattokinase/

血栓に対する働きからエコノミー症候群にも

エコノミー症候群は、同じ姿勢で座っている状態が長時間続くことで、下肢が圧迫され血栓が発生。それが、肺に詰まってしまう。というのが発症のメカニズムです。

血栓が原因によるものなので、エコノミー症候群に対してもナットウキナーゼの働きが期待されています。

こまめに足を動かすことや、水分補給など基本的な予防法に加えることで、よりリスクを低くすることが期待出来ます。

肥満や糖尿病など、血栓が出来やすい人は、長時間のフライト前のほか、同じ姿勢が続く列車移動、映画鑑賞、デスクワークの際に、サプリなどでナットウキナーゼを摂取しておくと安心です。

高血圧

高血圧に関する論文に、ナットウキナーゼの摂取が高血圧の予防、改善に働くことが示唆された。という内容が掲載されています。

血行促進

食品の機能と健康を考える科学情報誌「FOOD Style21(2006年8月号)」に、ナットウキナーゼの摂取によって血流促進が認められたことが掲載されています。

コレステロール値を下げる

高脂血症を患っている46名にナットウキナーゼを6ヶ月摂取させる実験によると、血中総コレステロール、HDL(善玉)、LDL(悪玉)コレステロール値の改善が確認。高コレステロール血症の予防効果が示唆されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19786378

ナットウキナーゼは日本の伝統食品である、納豆にしか含まれない酵素です。サラサラ成分として、DHAやEPA、タマネギの外皮に含むケルセチンなどと併せて摂ると効果的。

サラサラ生活のためのサプリであれば、複数の成分が組み合わされているので、上手く活用して健康をサポートしていきましょう。

新着記事

ページの先頭へ