ナットウキナーゼサプリにDHAとEPAが配合されているのはなんで?

そうじゃの。これらの成分がセットになっているのは相性が良いからじゃ。

相性?どういうこと?

ナットウキナーゼもDHA・EPAも、どちらもサラサラ成分として注目されているからじゃ。相乗効果を狙ってのものじゃの。

それに、DHA・EPAは日本人の全世代で不足が心配されているのでのぉ。DHA・EPAについて一度詳しく見ていこうかの。

ナットウキナーゼのサプリには、DHAとEPAが一緒に配合されていることが多いです。

例えば、「小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」や「きなり」、「まいにちねばねば」といった、人気サプリには、DHA・EPAが配合されています。

なぜDHAやEPAが配合されているのか、詳しく見ていきましょう。

DHA・EPAの効果

ナットウキナーゼサプリにDHA・EPAが配合されている理由を知るために、それぞれの働き、効果について見ていきましょう。

DHAの働き

DHA(ドコサヘキサエン酸)は魚油に多く含まれるオメガ3脂肪酸です。脳や目に大切な栄養素であり、血中コレステロールを下げる働きがEPAよりも高いのが特徴です。

  • 記憶力や判断力の向上
  • 血管の細胞膜を柔らかくし、血圧の上昇を防ぐ
  • 赤血球をしなやかにし、血液を流れやすくする(血液サラサラ効果)
  • 肝臓で中性脂肪がつくられるのを抑え、血中の中性脂肪を低下させる
  • コレステロール値を下げる

※ ナットウキナーゼに関係のある効果のみ抜粋

EPAの働き

EPA(イコサペンタエン酸)は、青魚に多く含まれ、DHAと同様オメガ3脂肪酸の一種です。DHAが脳に働くという特徴がある一方、EPAはDHAに比べて血液に作用する成分です。

  • 血小板凝集抑制効果が高く、血栓を予防してくれる
  • 血中のコレステロールや中性脂肪を減らす
  • 血液の粘度を下げサラサラに
  • 高脂血症の医薬品としても承認されている

※ ナットウキナーゼに関係のある効果のみ抜粋

DHA・EPAはどちらも血液に対する働きを期待できる成分です。これは、消費者庁のオメガ3に対する機能性評価でも、「明確な根拠がある」としています。

消費者庁による機能性評価

消費者庁の食品の機能性評価モデル事業の結果報告資料では、以下のように評価されています。

機能 総合評価
心血管疾患リスク低減 A
血中中性脂肪低下作用 A
血圧改善作用 C
関節リウマチ症状緩和 A
乳児の成育、行動・視覚発達補助 B
うつ症状の緩和と発生率低下 C
  • A:機能性について明確で十分な根拠がある
  • B:機能性について肯定的な根拠がある
  • C:機能性について示唆的な根拠がある

ナットウキナーゼの働きを助けるために

上記のDHA・EPAの働きを見て分かるように、血液サラサラを中心に、血液、血管の健康に関わる働きが数多くあります。

これらのDHA・EPAの働きは、ナットウキナーゼの血栓溶解作用や、血流改善を後押ししてくれるものです。この相乗効果を期待して、ナットウキナーゼサプリには、DHAやEPAが配合されています。

DHA・EPAは日本人の全世代で不足する栄養素

オメガ3脂肪酸の摂取量目安

厚生労働省の日本人の食事摂取基準2015によると、n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の1日の摂取目安量は、成人男性で2.0~2.4g。女性は1.6~2.0gとなっています。(年代によって目安は異なる)

オメガ3脂肪酸には、DHAやEPAのほか、α-リノレン酸も含みます。オメガ3脂肪酸全体での摂取目安が、上記数値です。

EPA・DHAの推奨摂取量

厚生労働省の脂質に関する資料によると、DHA・EPAは1日1g(1,000mg)の摂取が望ましいと記載されています。

魚離れにより摂取量が不足している

DHA・EPAは魚油から摂れる成分なので、魚を食べなければ摂取が出来ません。しかし、食の欧米化により、肉食が増え、日本人の魚離れに進んでいます。

そして、全ての世代で、DHA・EPAの摂取量が不足し、今では日本人の半数以上が推奨摂取量に満たないと言われています。

まとめ

DHA、EPAは血管や血液の健康に働きかけます。そして、ナットウキナーゼは、血流の改善や血栓に作用します。これらの働きの相乗効果を期待して、ナットウキナーゼサプリには、DHAやEPAが配合されています。

DHA・EPAの機能性については、消費者庁のデータでも根拠が確認されているもので、厚生労働省もその有用性から摂取を推奨しています。

不足が心配されているDHA・EPAを補いつつ、ナットウキナーゼとの相乗効果も期待できる。となれば、これ以上無い組み合わせなのではないでしょうか。