ナットウキナーゼサプリってさ。ナットウキナーゼ以外の成分が入ってるやつあるよね。

うむ。ナットウキナーゼと相性の良い成分を組み合わせているやつじゃの。

買うとき悩むんだけど…。どんな成分を一緒に摂れると効果的かな?

そうじゃの。定番はDHA・EPAじゃ。ただ、他にも色々あるからのぉ。ナットウキナーゼと相性の良い成分を詳しく見ていこうかの。

ナットウキナーゼのサプリには、ナットウキナーゼだけでなく、複数の成分や栄養素が組み合わされているものが数多く販売されています。

これは。メーカー独自に組み合わせを工夫しているもので、ナットウキナーゼとの相乗効果を狙ったものです。

サプリを選ぶときに困らないように、どんな成分がナットウキナーゼと相性が良いのか見ていきましょう。

ナットウキナーゼと相性のよい成分

ナットウキナーゼは血栓や血液サラサラに働きかける成分なので、血液や血管に作用する成分を合わせるのが効果的です。

DHA・EPA

ナットウキナーゼサプリにDHA・EPAが配合されている理由で詳しく解説していますが、DHA・EPAはナットウキナーゼとの相性が抜群です。

血管を柔らかくしてくれるDHA。血小板凝集抑制効果があり血栓を防ぐEPAは、血液サラサラ成分として、注目されています。

近年摂取不足が心配されていることもあり、ナットウキナーゼと併せて、サプリから摂取すると効果的です。

ケルセチン

タマネギに多く含まれているフラポノイドです。

このケルセチンには抗酸化作用があり、活性酸素からのダメージを防ぎ、赤血球の働きを高めてくれる効果があります。また、血管の柔軟性を高める働きもあり、血液サラサラ成分として注目されています。

ケルセチンの研究では、摂取量を増やすことで血中コレステロール値の低下も確認されています。

また、ハウス食品と広島大学との共同研究により、ケルセチンを含むタマネギを摂取するで、血液サラサラ効果のあることが確認されています。(ハウス食品による発表資料はこちら(PDF)

DHA・EPAに次いで、ナットウキナーゼと一緒に摂りたい成分です。

αリノレン酸

必須脂肪酸の一種で、亜麻仁油やエゴマ油に豊富に含まれています。これらの油は、健康効果で注目されていることからも分かるように、身体にとって良い油です。

そして、このαリノレン酸は、体内でDHA・EPAに変換されるため、血液サラサラ成分としてナットウキナーゼと一緒に摂ると効果的になります。

アリシン(硫化リアル)

ニンニクやネギなどの香味野菜に含まれている香気成分です。

アリシンには、ナットウキナーゼ同様に、血液凝固を防ぎ、血栓を防ぐ作用があります。また、血行を促進させる働きもあるので、血液サラサラにも効果的な成分です。

食物繊維

便秘やダイエットで注目されている食物繊維にも、血液がドロドロになるのを防ぐ働きがあります。これは、食物繊維を摂ることで、コレステロールの吸収が抑制されるためです。

特に水溶性食物繊維が効果的とされているので、昆布やワカメのような海藻類や、オクラ、里芋などのネバネバした食品がオススメです。

納豆を食べるときに組み合わせても効果的

上記の5つの成分は、納豆を食べるときに混ぜても効果的です。

  • しらす(DHA・EPA)
  • タマネギ(ケルセチン)
  • 亜麻仁油(αリノレン酸)
  • ネギ(アリシン)
  • オクラ(水溶性食物繊維)

納豆の薬味として定番のネギはもちろん、上記の食材は納豆に混ぜても、味を損なうことなく食べることが出来ます。(人によって好き嫌いはあると思いますが…)

それぞれ、ナットウキナーゼと相性の良い成分を摂ることが出来るので、納豆を食べるときは意識してみましょう。