ナットウキナーゼ含有量は1,000FU。加えてEPA、ケルセチン、黒酢、亜麻仁油といったサラサラ成分や健康素材を配合しているのが、えがおの納豆キナーゼの特徴じゃ。

詳しい特徴や口コミ、当サイトの独自評価を見ていくとしようかの。

えがおの納豆キナーゼの特徴

えがおの公式サイト

  • ナットウキナーゼ含有量は1,000FUと推奨量に満たない
  • サラサラ成分としてEPA、ケルセチン、亜麻仁油を配合

ナットウキナーゼの推奨摂取量2,000FUに対して、えがおの納豆キナーゼの含有量は1,000FUと少し物足りません。

サラサラ成分としては、EPAを含む魚油やケルセチンを含有するタマネギ外皮エキス粉末。そして、体内でDHA、EPAに変換されるαリノレン酸を含む亜麻仁油が配合されています。

配合されている成分の種類が豊富なのは魅力ですが、やはりナットウキナーゼが摂取推奨量に満たない点は気になるところ。

公式サイトはこちら

えがおの納豆キナーゼのポイント

ナットウキナーゼ含有量が不足

メーカーの販売ページには、1粒あたりに納豆菌培養エキス粉末50mg配合(納豆キナーゼ含有20,000FU/g)と記載されています。

一見配合量が多いように見えますが、1gあたり20,000FUということは、50mgだと1,000FUです。

日本ナットウキナーゼ協会の摂取推奨量は2,000FUなので、えがおの納豆キナーゼは含有量が足りていません。

注目のサラサラ成分が多数配合されている

ナットウキナーゼ含有量は物足りませんが、えがおの納豆キナーゼには、数多くのサラサラ成分が配合されています。

  • EPA(EPA含有精製魚油)
  • ケルセチン(タマネギ外皮エキス粉末)
  • αリノレン酸(亜麻仁油)
  • 黒酢

これらは、ナットウキナーゼとの相性の良い成分なので、一緒に摂ることで相乗効果を期待することが出来ます。

こんな人にオススメ!

  • 多くのサラサラ成分をまとめて摂りたい

えがおの納豆キナーゼに寄せられた口コミ評価

評価:
50代女性

以前から、えがおのサプリを飲んでいて、追加する形で納豆キナーゼも定期購入を始めました。

納豆成分だけじゃなくて、魚油やタマネギなど、テレビ番組でも話題になる成分がまとめて摂れるのが嬉しいです。それでいて価格も手頃と、言うことありません。

評価:
30代男性

食べ物の好き嫌いが多く、食事が偏りがちなので、様々な健康成分をまとめて摂れる、えがおの納豆キナーゼを飲み始めました。

実感として得られている効果はありませんが、毎日の食事で魚や納豆、黒酢はまず食べないので、不足しそうな栄養をこのサプリで補っていければと考えています。

口コミの投稿はこちらから
現在募集を一時中止しております。

当サイトの評価まとめ

えがおの納豆キナーゼは、1粒あたりのナットウキナーゼ含有量は1,000FUです。

推奨摂取量の2,000FUを摂るには、1日2粒飲む必要があります。しかし、1袋31粒入りなので、1日2粒だと半月しか持たず、割高になってしまいます。

サラサラ成分は、EPA、ケルセチン、αリノレン酸、黒酢と種類が豊富なので、こちらを目的として購入しても良いと思います。

こちらを購入する前に、人気ナットウキナーゼサプリの、きなり小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットも検討してみましょう。

公式サイトはこちら