ファスコン整腸錠プラスは、整腸剤として便秘や軟便に対して効果のある医薬品じゃ。

主成分は納豆菌と乳酸菌なので、5歳以上の子供からご高齢の方まで、安心して飲めるのが魅力じゃの。

ファスコン整腸錠プラスの特徴

  • 5歳から飲める、お腹に優しい整腸剤
  • 善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑える納豆菌を配合
  • 3種類の乳酸菌(ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌)を配合
  • ヨーグルト味で飲みやすい

納豆菌と乳酸菌を主成分にした整腸剤なので、お腹に優しいのが特徴です。便秘に悩んでいるけど、お腹が痛くなるような下剤は飲みたくない。そんなときに、ファスコン整腸錠プラスは最適です。

作用は穏やかだけど、医薬品として確かな効果があるので、ちょっとしたお腹のトラブルのときに気軽に飲むことが出来ます。

第3類医薬品としての効果・効能

整腸(通便を整える)、腹部膨満感、軟便、便秘

公式サイトはこちら

ファスコン整腸錠プラスのポイント

4種類の生薬と消化酵素で腸内環境を整える

  • 納豆菌(ビオナットミン)
  • フェカリス菌(コンクビオゼニン)
  • アシドフィルス菌(ラクトミン)
  • ビフィズス菌
  • ビオヂアスターゼ2000(消化酵素)

ファスコン整腸錠プラスには、納豆菌と3種類の乳酸菌。そして、ビオヂアスターゼ2000という、タンパク質とデンプンを消化する酵素が配合されています。

納豆菌

納豆菌は、腸内の乳酸菌を増やすと同時に、悪玉菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。

3種類の乳酸菌

腸内で善玉菌として働く、フェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌の3種類の乳酸菌を配合しています。腸内細菌のバランスを善玉菌優位にすることで、お腹の調子を整えてくれます。

ビオヂアスターゼ2000

タンパク質やデンプンの消化を助ける酵素として、ビオヂアスターゼ2000が配合されています。

整腸剤って?便秘薬との違いについて

便秘の悩みに対しては、下剤や便秘薬に頼るのが一般的です。整腸剤?効くの?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

ここで簡単に便秘薬と整腸剤の違いについて見ていきましょう。

整腸剤

名前の通り腸内環境を改善することで、お腹の調子を整えていくお薬です。

ビフィズス菌などの生菌類のほか、生薬が主成分となります。便秘薬に比べて、お腹に優しくマイルドな効き方で、自然なお通じを促すことが出来ます。

弛緩性、痙攣性、直腸性便秘の、どのタイプの便秘にも効果的です。

便秘薬(下剤)

薬によって強制的に腸に刺激を与え、排便を促すものです。即効性が高い反面、作用が強いため腹痛を感じることもあります。

長期間服用すると耐性がついてしまったり、薬を飲まないとお通じが来にくくなるといった危険性もあるため服用には注意が必要です。また、痙攣性便秘には逆効果になる場合もあります。

ファスコン整腸錠はこんな人にオススメ

  • 便秘で悩んでいる
  • 出した後でも残便感がある
  • 便が硬くて辛い
  • おならが臭い
  • 生理中のお腹のハリが苦しい
  • 便が緩い、下痢

服用が禁止されている人

  • 牛乳にアレルギーを持つ人

ファスコン整腸錠プラスに寄せられた口コミ

30代女性

ちょくちょく便秘することがあるので、整腸剤は欠かせません。色々なメーカーを試してみましたが、私には京都薬品のファスコン整腸錠が合っているようです。

便秘薬を飲むとお腹が下ってしまうし、急に催すこともあるので外出もしづらいですが、これは自然なお通じなので助かっています。

40代女性

子供から大人まで安心して飲める整腸剤ということで、家に常備しています。小学生の子供がいますが、ヨーグルト味なので全く嫌がる素振りを見せずに飲んでくれます。

とにかくお腹の調子が悪いときは、ファスコン整腸錠の飲んでおけば大丈夫。というほど、我が家では頼りにさせて貰っています。

口コミの投稿はこちらから
現在募集を一時中止しております。

まとめ

ファスコン整腸錠プラスは、納豆菌と乳酸菌を主成分にした、お腹に優しい整腸剤です。

腸内環境を改善していくことで、便秘や軟便に効果を発揮するものなので、自然なお通じを得られるのが魅力。便秘薬よりもマイルドで、サプリよりも確実です。

お腹の調子が良くない。便秘気味だ。というときに、気軽に飲める薬なので、常備薬として家にあると役立つこと間違いありません。

公式サイトはこちら